バックリンクよりもコンテンツを充実させる

バックリンクよりもコンテンツ

バックリンク獲得により一時的な上位表示は狙えるのは事実です、しかし広告だけを貼って内容(有益な情報)が少ないサイトは1、2ヶ月経つと自然に検索順位が落ち始めます。最低でもTOPページ1000文字以上の文章を自ら書く事が必須条件と思って頂いて構いません。
では、コンテンツ(テキストや画像が)在れば良いのか?
悪い例として、書く事が無かったからと言って、楽天、amazon、もしもドロップシッピング等で用意されているアフィリエイター用の記事をもって来て貼り付ける方を良く見かけますがお薦めできません。最低でもその商品に対するレビューを何行にも渡って書いて置かなければ 単なる、生成サイトとみなされてしまいます。

SEO 3割/SEM 5割/LPO 2割 =売り上げ向上!

Webマーケティング「EMZ Media」ではコンサルティングを主な事業目的とし、分散化されたIP(ドメイン)からのバックリンクSEOを武器にBigキーワードも積極的に上位表示を目指していますが、サイトの売り上げが上がらなければマーケティングは語れません。

サテライト作りからランディングページ(ECサイト等への誘導)そしてサイト内での課金までのフローをしっかり身につけば売れない物が無いと言っても良いでしょう。

SEO 3割
私は常日頃からクライアントの方々には「SEOの研究者になってはいけない」と言ってきました、その理由はGoogleさん相手に戦おうと思ったら時間も知能指数も足りないと言う事に早く気付くべきだからです。
そして日々の作業時間の3割以上をSEOのテストや研究に費やしていると、肝心なサイトの売り上げが伸びない事もわかっています。
「ページランク6サイトからリンクを貰うとページランク4に上がる」こんな事はSEOを研究している人達のブログを定期的に読めばいいんです。

ではどの程度SEOに付いて押さえておけば良いのでしょう・・
その事に付いて今後記事を書いて行こうと思っています。

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)